「座右の銘」が腑に落ちた時(#7)

10月のお題-1
「あなたの座右の銘を教えて下さい」
いわゆる格言になるのだけど「そうだなあ」と思うからこそ
自身と向き合えたりすることば。
伸びる時には必ず抵抗がある
   ー松下幸之助ー
何か成長を感じるときや、変わろうとするタイミングの時
抵抗を感じたことがある方は少なくないと思う。
経験に近いものにおいては、想像もしやすい。
これまでの過程で、選んだ手段、方法、価値観、概念
これらは慣れ親しんでいる感覚、思考、意識であり、
また、居心地が悪いようで落とし込みやすい立ち位置だったりする。
ググーンと「伸びる」とき
それは夢にまで見、願ったことのはずなのに
ちょっとビビる、つまり怖くなったりする。
それもそのはず、なじみのない感覚、体験、体感を継続させていくのだから。
知ってる枠を超えてホップ、ステップ、ジャーンプしたところを
落ち着く、なじみのある場所にしていくには
少々の「抵抗」は付きものだと思うのです。
この抵抗こそ枠を外すための需要なカギとなったりする。
より多くのひとが思い描くままに伸びていきますように、、、。

「座右の銘」が腑に落ちた時(#7)” に対して1件のコメントがあります。

お気軽にコメントを!

前の記事

サボリ脳