強くて優しい炎

12月7日
福厳寺「あきば大祭」伝統行事です。
ボランティアスタッフとして今年も参加させていただきますが
住職の方々、地域の方々をはじめとして本当にたくさんの方によって行われる行事には

それぞれの思いや経緯があり、また、事情があり来られない方もいらしたりと
何一つとしてぴったりと重なる背景などなく、ただ微かにでも触れる空気感が
たまらなく胸に何かを感じたりします。

来年、再来年もまたご縁をいただけるかどうかなど分からないことですが、
この場に足を運べることが「ありがたいな」と思うのと、
ただ、その瞬間に自分ができることに目を向けたいという気持ちでいます。

昨年とは、少し異なる自身がいることを素直に受け止めながら
足元を照らす無数の小さな灯りを並べられるのも楽しみにしています。

http://akiba.fukugonji.com/

 

お気軽にコメントを!

前の記事

最も身近にあるもの

次の記事

時間を置くほどに