確かなものとは、
明らかで間違いのない とか 信用のおけるさま。

なるほど、自分の中にはどれほどの確かなものがあるのでしょうかね。

確かに○○だ、ということも時が流れれば揺れもする
となれば、確かなものなどそうそうあるものではないのかもしれない。

だけど、「確かなもの」の手ごたえは欲しいもの。

探してばかりや探ってばかり、求めてばかりや考えてばかりでは
ほとほと疲れもするでしょう。

その時その時の「確かな」感触というのは自分で決めてしまえばいい。