権力とか地位とかやっぱり従わざる得ない場合もあって
社会的な状況を考えると強者と弱者と表現するならあり得るのでしょうね。

だけど、一個人を対象としたときに
こんな言葉を思い出す。

「弱いとは行動が感情に支配され
強いとは感情が行動に支配される」

それがすべてではないけれど、
自分の支配者は自身の中にあるかな。

ぜんぜんダメダメと思っていたときは感情に支配されていたし
強さを求めて感情を殺し、がむしゃらになって行動に移していたこともあったからね。

感情と行動のどちらかに支配されるのではなく上手く共存していけたらいいですよね。