言葉のひとり歩き

なんだかとても ふむふむおなることが多い

自己肯定感とか他人と比べないとか
もちろん必要ではあるのだけど

言葉だけが独り歩きして、逆につらく背負い込んでる。

まるで何者かを語れなければいけないかのように
まるで何か秀でるものを見つけなければいかないかのように

そのことに縛られている自分に気づき
もっと自然に歩める自分を信じてみたくはないだろうか

 

 

お気軽にコメントを!