想い出は人によっては形を変える

同じ時間を過ごしたはずなのに
心に残るシーンや言葉も異なることがある

そこから、もう一度やり直さなければ進めないと
苦しむこともあるかもしれない。

戻すことはできないけれど、
一つひとつ丁寧に取り残してきた
想いを拾い集めて受け取り、受け止めることも
わるくないと思う。

必要だと感じるのなら
それは、きっと苦しみに包まれた膜をはがす時なのでしょうね。