気になるおじちゃん

先日、資源ごみ当番だったのですが、

数分後「すごい!おじちゃん」がやってきた。

このおじちゃんは、兄弟二人で暑い夏も、寒い冬も日々、草刈りからゴミ拾いから

いつも地区の周辺を積極的に掃除をしてくれる。

そのおかげで、住人たちの月1回の掃除はなくなったのです。ありがたいことです。

ところが、ただ一つ、気になるのは お口が悪いことです。

当番ではないのに、せっせと手伝ってくれるのだけど、

この日も毒舌を吐いていた。

いつも思うの、「このお口の悪さがなければ、、、。」と

でもね、この人のコミュニケーションの取り方なのかもしれないよなー。

と思うところもあったりして、、、。

 

さらに、びっくりしたのはこの後、

終了15分前に

「ええよ!”加藤さん”も、あんたも、みんな帰ってええよ。後はワシがやっとくから。」

早く帰らせてくれることも嬉しかったけど、”名前” 覚えてることに、驚いた。

 

私はすっかり忘れてしまっているのに、、、。今も全く思い出せない。

数年前、地区の役員をしていた時に話をしたくらいで、

あとはあいさつ程度の私とおじちゃん。

記憶力の良さ、すごい!!

「やっぱり、このおじちゃん、ただものではない!」

欠点の一つや二つ 許される気がしてきた。

 

もし、毒舌でなかったら、仙人になるかな?と思いつつ

いやいや、欠点があるから人らしくっていいのかな。

なんて、納得することにしました。

お気軽にコメントを!

次の記事

プチ旅