残る言葉の人格

何度も、何度も繰り返される言葉の中で暮らしてきたら

壁を超えるタイミングが来た時でも
その言葉の人物と自分を重ねてしまう。

もう、従わなくていい
もう、解放されていい

耳をふさぐのではなく
言葉を打ち消すほどの声で言ってみるのもいい

もう、その言葉には踊らされない
もう、あの時のままではないのだと

お気軽にコメントを!