みんなそれぞれに

自分を守っているんだなぁと思う

理想の様な自分がいて、それを否定されることを恐れたり
もがきながらでも精一杯の自分を傷つけられたようで怒りに変わったり
倒れそうな自分から手がすり抜けてしまったように感じて悲しくなったり

自分を守ろうとするがゆえのことのように思えることがある。

何も持たなく、弱々しくあることがイケないことのように
そんな自分を守っているんじゃないかって、

でも、人間はみんな弱いんじゃないかって

だから、自分を生きようとするし
誰かと繋がり、共に生きようとする。

守り方って色々あるけど、もっと単純な事なのかもしれない。