貢献度

人に貢献、社会に貢献

それが苦でもなく、誰かの喜びを感じられることが自身の喜びとなる
それが楽しいんです。

なるほどね。と思うものの,

では、貢献とはと考えた時
わかりやすく開発者、発信者、支援者などに関する仕事などをしていたら
わかりやすいのかもしれませんね。

ならば、そういった仕事でなければ貢献していないのか?
と言ったら、そうでないことは誰もが知っていることなのでしょう。

だけど、どうも現実は受け取り方が異なるようにも思うんです。

どんな仕事でも、今与えられたことを十分に「ありがたい」と思い
丁寧に出来たらどれほどに素晴らしい「貢献」なのかということを、、。

少なからず、だれか何かの役に立っていて
「貢献」しているんだよ。

お気軽にコメントを!