今でも、受け入れられない過去の経験を
現時点で無理に肯定をする必要もなく

ただ、肯定できない過去に縛られて
未来を閉ざす必要もないのであって

生きているのは過去ではなく今だということ
経験した何かを繰り返そうとするのではなく
まだ経験したことがない喜びや楽しみをこれから
経験していくと思えば

足踏みや戸惑いは当然なのかもしれない

可能性を手にしたときには
知らぬ間に全てを肯定することになっていたりする。