人の好き嫌いはあると思うのですが
あってもいいかなと思うんですよね。

イヤな事をされれば嫌いにもなりますし
認めてくれたり、力になってくれたりしたら
好きにもなるかもしれないですし

だけど、嫌いという思いは大量のエネルギーをも使っているわけでして
自分が目指す本来の目的さえもかすませてしまうことも
怒りに燃えて立ち挑むような思いを起こすこともある。

そんなこんなで、逃げるだけ逃げたり、挑むだけ挑んだり
ヘトヘトになった後には、それなりの自分の立ち位置ができていることがある。
誰もが認めなくたって
自分が選んで歩んできた今に磨きをかけるだけだったりする。

嫌いな人が「運」の流れを作り出すきっかけになることもある。

自分自身に余裕ができてくると、案外と嫌いな人も少なくなってくる。
逆に嫌いな人が減ってくると、自分自身の気持ちにも余裕ができてくる。