いつもの朝を

いつもの朝を迎え
いつもの夜を過ごす

何ら変わりのない時間を過ごしていると

気持ちは先走ることがあるかもしれないけれど

心に刻む思いがあるから、日々こなせていくことができたりする

変わり映えのない毎日を諦めずにいたいものです

今立っている自分自身を感じて
ちっぽけな存在に思えたとしても

ちっぽけな自身ができることは目の前に山ほどある

エネルギーの高い低いでもなく
華やかさ、地味さでもなく
一瞬にして「今」の立っている場所が明確になる

「人と比べるな」ということは、そんなことからだったりする

お気軽にコメントを!