従属化の中に

人生の大半は、何かに属しながら生きている。

家族、仲間、学校、会社、、、、。

属していることによって、大きな成果や気づきもあって、

属していることによって、自分を見失いそうになることもあったりする。

従属の中に”自分らしさ”との葛藤が起こり、

時に、じっくりと自分の人生というものを考えたりもします。

、、、らしい。とは無限だからこそ判りずらいのかもしれないけれど、

小さな選択も自分で決めることができたら、

それは、自分らしさを見つけ出していることだと思う。

 

自分で選択をすることに、メリットもデメリットもあるとしても

そこに、無限の可能性があって、

従属していても、自身の可能性は無限だから

責任を持った選択には間違えなんてないと言える気がする。

 

可能性に気づき始めることができたら

見える色彩よりはるかに美しい景色を感じることができるかもしれないですね。

お気軽にコメントを!

前の記事

片道切符

次の記事

スルメ味