2018年9月のお題-1
あなたの”人生が変わった言葉”を教えてください。

それは

アメリカに住んでいた時の語学学校の先生
お顔はなんとなく覚えているけど名前は完全に忘れてしまいました。

やりたいのならやればいい
語学よりアートスクールに行きたいと思う強い気持ちに背中を押してくれた言葉
そして、その後の人生のなかでも何度となく、後押しをしてくれている言葉です。

その時の状況から考えると「語学を学ばずしてどうする」という固い考えを払拭してくれたように思います。
「英語を学べば今後の人生に幅も広がるし喋れた方がいい」という価値観もありましたし
帰国して数年たっても、そんな価値観は残ってましたからお金を払って学びもしました。
思うように上達もせず、ようやく気が付いたのは、本当に求めていないことだということ、、、。
何らかの理由をくっつけてやろうとしても、
本当のやりたいことでないと全く気持ちも頭もついていかなくなってしまう。

そういう方ばかりではないけれど、
順序が必要なこともあれば、順序など必要なくやりたいことに真っ直ぐに進んだっていい
ということも言えるような気がします。

無理に理由付けや順番にこだわることを止めてみると
本当にやってみたいことや興味があることを感じられたりする。

説明なんてなくたっていいもの「興味」
心の底から気になること「本心」
壁にぶつかったり、つまずいたときに新たに吸収することが出てくるのだから
その時に考えればいいことだってたくさんある。

やりたいのならやればいい