喜びも、悲しみも
優しさも、苦しみも

一緒になって過ごしてる

いくつもの感情を重ねながら
誰もが幸福へと向かうために動いてる気がする

この光景に包み込まれると、

想像や空想ではなく現実を
生きていくことへの力を生々しく感じさせられる。