昨日、ポールマッカトニーのコンサートを観てきました。

レジェンドともなるアーティストのお一人
ビートルズファンに留まらずでしょうね。
始まる前から、ワクワクでした。

約2時間半近く、歌いっぱなし、ギターを変えながら、ピアノやウクレレまで弾きながらの
バイタリティー溢れるお姿には圧巻です。
歌声も劣ることなく、渋みを増して、さらに魅了される思いでした。

エネルギー、、、「活力」の言葉の方が今の私には合うような、
そんな感覚です。

人のエネルギーというのはいろんな場面で
湧いたり、受け取ったり、与えたりしますが
やはり、人から人へのエネルギーに勝るものはないようにも思います。

近くとも遠くとも人と人との間には根底から
引き合う何かが存在し続けているんですね。

ありがとうございました。

ポール・マッカートニー名古屋初の公演