‐流れ‐ バスケットボール

キリリとした顔立ちの美しい人

バランスのとれたスタイル

バスケットボールの講師

小学4年生の頃、地域で行われていたバスケットボールに参加して以来、続けているとのこと

「これだ!といった感覚ってあったんですか」と伺ってみた

「そんなのは全くなく、むしろバトンガールには興味もあったし、やりたかったんです」
そして、「なんとなく続けてきて今に至る」と、、、仰った。

こうしたい。こうなりたいという思いから流れができることもあれば
気が付いたら、たどり着いていたという流れもある

何もかも、理由や根拠をつける必要もなく、導きとか引き寄せとかにもこだわらず

その時その時の通過点を過ごしていくことによって立つ場所があること

流れってこんな感じもあるなあ、と深く心に染み込む感覚でした。

教え子たちとの長い長い繋がりもある。
もうお会いすることはないかもしれないけれど
心が晴れるつかの間の出会いに「ありがとう」と伝えた日

お気軽にコメントを!

前の記事

どちらが先でも

次の記事

離れた距離