雨上がりの朝

6月28日の朝は雨上がりの匂い。

土や草花のかおりが、空気中に漂っていて、

優しさ とか 切なさ とか、なんとも言えない感覚に包まれる。

匂いの説にはいろいろあるようですが、

「ゲオスミン」

ギリシャ語で「大地の匂い」

雨上がりの匂いの名前です。

これで十分に納得してしまう。

 

どこか思い出があるよう匂いです。

私は好きですが、他の人はどうなのかな?

 

そんなことを考えながら、車に乗り込んだ朝でした。

お気軽にコメントを!

前の記事

定規ではかる

次の記事

すぐそこに