寂しいとき
ちょっとだけでも誰かの声を聞いてみる。

苦しいとき
思い切りゆっくりと外の空気を吸ってみる。

悲しいとき
そっとそっと感じてみる心の涙。

最後は、しっかり自分を抱きしめてみる
流れは既にできているから、自分自身に微笑んであげる。