生前、祖母がよく口にしていた言葉がある。

人の悪口は言ったらいかん。

腹を立てたらいかん。

徳を積みなさい。

今でも忘れられない言葉で、時折思い出します。

出来ているのだろうか?

徳を積むって、、、。

人知れず、見返りを期待しない善い行い「陰徳」のこと。

 

祖母はどんな思いで言い続けてくれたのだろう。

私にとっては忘れられない、忘れてはいけない3つの言葉です。