すごく、すごく長い時間がかかってしまったけれど
「満たされない日々」にお別れが出来る瞬間は訪れるんだね。

認められる生活を求めて、がむしゃらになった。
評価が欲しくて、意地になった。
理想を求めて、現実を見失った。

そこには、何一つ自分を許していない自分がいて、
あがいている心に蓋をしていたんだね。

そんな自分が滑稽だけど愛おしく感じた。

これも私らしいのかなって、、、。

あんなにいっぱい怒ってたのに、あんなにいっぱい泣いてたのに、、、
最後は笑えてきた。

不器用で遠回りしたかもしれないけど、頑張ったじゃん!って、、、。

そしたら、いろんなことが許せたし、心が軽くなった。
”満たされない”と思っていた”日々”にお別れが出来た。

心が軽くなるって、こういうパターンもあるんですね。