「流れに身を任せる」って、例えばこんな感じ?

人生が川や海だとしたら

先ずはぷかぷか浮いてみることを想像してみたんです。
やみくもにバタバタ手足を動かしても、逆流や荒波にはなかなか太刀打ち出来ない。
浮かんで流されていみたら、その内に伸びた枝をつかめたり、岩に止まることもある。

ぷかぷか浮くってことは、ただ毎日を無欲恬淡と過ごしてみることかな。
枝をつかむのは、チャンスがあるってことかな。
岩に止まるのは、立ち止まり周りを見渡してみるってことかな。

気づいたときには静かな流れの中を心地よく泳いでたりして、、、。

 

次は泳ぎ方を想像してみようかな。