夫婦っていいな。と思えたことがありました。

夫婦の形も今やいろいろですが

何年も一緒に暮らしていると周りの人が知らない「いいところ」も夫婦ならでは見えてくるのかもしれない。

育った環境が違えば、モノの考え方や受け取り方も違い、

だんだんとそこが目立ち気になり始める。

時に問題になることも起きるでしょう。

そして「嫌」になってしまうかもしれない。

それでも、簡単には「別れ」という選択を出来ない場合もあって、

いわゆる「仮面」といった枠組みに入ってしまう場合もあります。

 

何年か経ち

互いに年を取り、知ってか知らずか「受け入れている」ところも多くなっていたりします。

知人の男性もそのひとり。

その人は言っていました。

「周りはキツイ人だと思うかもしれないけど本心はそうではないかもしれない。」

相手への愛情ともとれるような言葉でした。

 

愛情に包まれた関係も、お金で繋がれた関係でも、

苦楽を共にした者でしか気が付けないこともあるのだと感じた瞬間でした。

 

夫婦だけに限らず、共に生活をする人との関わりって

とても大きな心の成長を与えてくれる。

お互いを受け入れられるようになることは

結果がどのような状況になっても

その人自身の心の豊かさと、愛情を磨き上げてくれるものかもしれません。

 

 

「共に暮らす」は場合や状況により異なりますけどね。

 

今日もあなたの心が豊かでありますように。