理解や結果が欲しくて答えのようなものを探し求めたりする。
何故、どうして、何が起こってるのか、~になるためには、とか
手応えたるもの掴むために、調べたり、確認したり、方向性を変えてみたり、行動したり、
そして、また振り出しに戻るような時もある。

手応えや答えのようなものが得られとしても、また次の課題や問題がふりかかる。
そんな繰り返しで、それぞれがある種のものを探求し続けているように思う。

その中には漠然たるなんとも煮え切らないこともあるけれど、
求め続けているとい幾つかのことがパズルのように繋がって、
”答えのようなもの”となって現れてくる。

多くの人が自分や状況というものを知るために、
理解や納得や変化を求める”人生の探求者”だと思えてきた。