いやいや、他にいるでしょ。うーん?

ふっ、と鼻で笑ってください。

 

「私が嫉妬したすごい人」8月のお題-2

1981年、1982年に来日した人

マザー・テレサ

何言ってるのと思われそうだけど、

何度、考えてもこの人に行き着いてしまう。

 

嫉妬という感情を、大なり小なり抱いた人は

何人かいたように思うのですが、いずれ消え去る。

「それで、何?」

「私と相手は違う、だから自分ができることをやればいいのでは。」

と、嫉妬だろう感情を深く感じた人が、他に浮かばないのです。

比べようのないところに、尊敬にも値するのかもしれないのですが

同じ人間なのに、なんでこんな愛が深いのか。

悩みの元になるあらゆる感情を超えてる。人だけど人でないように思える。

そこに「嫉妬」のような思いをずっと引きずっている。

彼女の言葉を全て理解することは出来ないけれど

なぜそこまでのことが出来、行動し、思えるのかが、遥か彼方に感じる。

複雑に絡み合う感情とは無縁のように思えてしまうし

そのレベルにないところが

漠然と「嫉妬心」に似た感覚になる。

 

人間修行中で、人間臭い私のたわごとです。