すっかり読み間違えたまま「なるほど」と思ってしまったことがあります。
後には自論になっているのですが、、、。

アドラーの心理学を基に書かれた著書の中にこんな一説がありました。

①失敗、それはチャレンジの証
②失敗、それは学習のチャンス
③失敗、それは再出発の原動力
④失敗、それは大きな目標に取り組んだ勲章
⑤失敗、それは次の成功のタネ

そう
⑤失敗、それは次の成功の”ネタ”と思ってしまったのですが、その時になんとも言いようのない感じで
腑に落ちたんです。

確かに、いろいろ”失敗”といえることはあるのですが、意味づけをしたり、もがいたりしたものの
次なる変化につながってきていて、私にとっては”タネ”でもあり”ネタ”でもあるんです。

結果的に受け入れることが出来て、進めればいいのではと思っているのですが、
ネタ”と思えることの中には、自身の中でちゃんと処理されてきたのだと思っています。

、、、と言ってネタ作りをしてきたつもりはないのですが、
失敗を恐れない心の中にはタネにしてネタにしているからかもしれませんね。