のんびり帰ろうと朝から決めていた今日。

以前ブログにも書いた、気になる人「和尚さん」この方のお寺が近いはず、
ちょっと足を延ばして参詣してきました。

そして、案内板の中の「写経」の文字が気になり体験させてもらったのですが、

広い広い本堂の中で、私一人です。
ありがたい環境にも関わらず、
足冷たい、手の指先が冷たい、と思いながら書き写している、、、。
ちゃんとストーブをつけて室内は暖めてくださってます。

足と手の指先を丸めながら
なんだか集中できなくて、雑念だらけ!と思って書き終えたのです。
神聖な場所にいながら、なんだか失礼な気もしましたが、

何回か繰り返すうちに、集中してもっと一文字一文字を
丁寧に書けるようになるんだろうな。
と思う気持ちも正直あります。

誰もがいいということでも、
心と体に馴染むまでには、繰り返しやることで
実感し体感することがあることを改めて感じた本日でした。

大叢山 福厳寺さん ありがとうございました。