ロクロを回して、、、電動なので回ってくれてますが器を作ってきました。

土をコネコネ、「初心者にしては出来てる!」と褒められて気分の良いスタート。
ロクロに土を乗せて形を作っていくのは難しい。
「5つは作れますよ」と言われたけど、私の集中力は3つまで、、、。

土を練る感じとか、指先を使って形を出していくって繊細な作業。
ロクロの回転に合わせながら指を滑らせる感覚は何とも言いようのない優しい思いになる。

厚さ、高さ、均等さなどを指先で感じ取ったり、両手で包み込んでイメージを形にしていく、
普段では感じられない感覚でした。

また、一か月後くらいには仕上がった器に会いに行きます。
スタッフの大沢めぐみさん、今日はお世話になりました。ありがとうございました。

喜多窯 霞仙
加藤裕重さんにも次回はお会いできることを楽しみにしています。