人が変化を迎える時に、始まりや終わりの分岐点がある。

そのサインはいつでもどこにでも転がっている。

気か付かないのは、素直な心が何かに覆われてしまっていたり
ごまかそうとする事柄があるからなのかもしれない。

覆っているものや ごまかしていることに触れてみると、
本当に身近なところに
先を指し示すサインが見えたりする。

それは何かの終わりでもあり、始まりでもあって、

私たち自身が終わったり、始まったりするのではなく、
節目であるにすぎないことを忘れてはいけない気がします。

怯えや不安の中には芽生える心を
引き戻そうとする馴染みのある感情が居座っていたりするから。

色を持たずして駆けだしてみるのもいいものです。