4月、新たな環境でのスタートとなった方も多く
朝、希望に胸を膨らませながら家の扉を開ける。

一方では、同じ環境で継続的な中でのスタートとなる方もその数〇倍はいらっしゃる。
様々な状況で行き詰まりやイライラ、怒りや胸が苦しくなるような辛さを感じながら
玄関の扉を開けることもあるのでしょう。

そこには何らかの”罠”があるとするなら
自分自身がはまり込みやすい”落とし穴”みたいなものがあったり、
いくつかのパターンのようなものがあるのかもしれない。

繰り返すパターンが見つかったり、同じような感情が沸き起こっていることに気がついた時、
微かに見える”抜け口”みたいなものが現れたりする。

周りの状況や行動は観察できても自身の状況と行動はどうなんだろう。

弱点を知っているようで、目を塞いではいないだろうか。
相手や状況が恐いのではなくって、自身の状況を受け止めることの方が実は恐いことだったりする。
自分の弱さを知る事こそが抜け道だったり強みとなる場合もある。
扉を開けるときの気持ちは自身の解釈で変わったりする。