「1番じゃないと嫌」

勝負したり、蹴落としたりするのは嫌いだけど一番じゃないと嫌。

だから負ける勝負はしない。負けることはしない。

絶対に”いける”と思うところにしかいかない。

「自分が1番」

自分が勝っているというところに身を置く。

負けるところにはいかない、やらない。

楽しみたい。

人を羨んでも妬んでも自分の人生は変わらないから”嫉妬”がわからない。

 

そう口にする二人には接点はないけど、見事なほどに常にポジティブ。

実際はとても努力もしてるし、多くのものを必要に応じて吸収している。

そして、挑戦や勝負もしている。

 

考え方も受け取り方も自分で選ぶことができる。