心も体もいっぱいにして

泣いたり、笑ったりできる 感情さえ忘れてしまうほど

頑張り続けている。

それでも、まだ頑張ってしまうんだね。

一人ではないことをわかってはいるけど

みんなも大変だからと、だれよりも背負い込んで

どこまでも力強く歩みつづけてる。

それもあなたなんだね。

 

ただ一つだけ願うよ。

今はあなたの身体を大切にしてほしいと

肉体が、もう十分すぎる程に頑張ってると伝えてるんだから。

 

少し休んだくらいで誰も何も言わない。

少しだけ、「~しなくちゃいけない」をやめてみない。

 

あなたの心に虹がかかりますように。