学生の頃、早く大人になりたかった。
制限されることや勉強から解放されるとさえ思っていたから、、、。
あらあら、と思いますが、、、。

でも、幾つになっても勉強もするし、自由を感じなかったりする。

悩みは尽きなかった。一つクリアしたと思えば、また、、。
なんてね。

文字に書かれた「問題集」が”心”で感じる「問題集」に変わる。

面白いことに、心の問題集をちゃんとクリアすると
同じような「問題」ではなく、違った「問」がやってくる。
そうなると、ちょっと楽しくなってくる。

愚痴や不満がかなり減少してきて、
怒りや悲しみに対して鈍感になってくる。

歳をとったからなのか?と思うけど
そうでもないみたい。

望みは果てしなくあるけれど、
変化は確実に感じたりする。

心の問題集もクリアしやすくなる。
言葉を使って、心を感じて、体を動かす。

歳を重ねるのが楽しくなる。変ですかね、、、。