やりがいを見出せなくてもがくこともある。

なんで私が、、、これはあなたの仕事、、、。
凄く不安、やだなあ、重過ぎる、面倒だな、なんてこともあります。

さて「責任」と言われると一切の責任、その業務に関する全体のこと?
それは、部下も上司も同じ感覚なのだろうか?
最終的に確認を取って先に進めた以上は、進めるまでの総体責任は上司になるかもしれません。
任された範囲での役割を果たすということについては、上司に提出するまでの段階での責任は部下にもあるかもしれません。

最終段階まで任されてしまっては、部下の立場であるものにとっては、れはそれは重過ぎるかも。
当然、ミスをしたくないがために心配は膨らみ、なかなか動けないこともある。

だけど、やらなければ進まないのは事実で、取り掛かろうとはするもののって感じですね。
そこで、「やりがい」が見いだせないとなってくることもある。

やりがいが、早々に見つかることと、後々になって滲み出てくることもある。
先ずは、「私の役割はなんだろう」ってところに視点を置くのもいいのかな。
一つひとつのことをこなす役割があり、役割を果たす責任はあるのかもしれないですよね。

一概にすべてに当てはまることではないのですが、、。