人は生きていくためにいくつもの守りがある。

生活をしていく上での収入への守り、
人間関係の中での必要性への守り、
仕事をする上での立ち位置への守り、
愛情を得るための価値への守り、
そして、自分自身の存在そのものへの守り、

どれも必要な守りではあるけれど、

時に、何かを外すことが必要な場合もある。
どうしても手に入れたいものが見え、意思が固まったとき、

一時的に守りを外し、捨ててみる冒険をする。

とてつもない勇気はいるし、不安は抱えているものの
今まで見たことのない景色、感覚、環境が訪れたりする。

野心と冒険は面白いほどのストーリーを与えてくれることがある。