私の永遠の課題でもある「愛」ですが、、、。

ようやく分かりかけた気がします。
対象が一人でも二人でも、大勢でもです。

傷ついたり、傷つけたりもしましたが、私が思うに結局のところ
いかに相手を理解しようとするか、受け入れようとするかに行き着くのです。
決して相手のいいなりになればいいということではないですよ。

こんな一文をご紹介します。
「愛を与える」
与えようと思えば、あふれ出てくるものなのです。もらおう、もらいたいとばかり思っている人は
永遠に愛とパワーの物乞いをして一生を終えるのです。※一部抜粋しています。
ー美輪明宏ー

思い起こせば、わかってほしい、気づいてほしい、受け止めてほしい。その思いが強くなればなるほど、
上手くいかなかったように思います。途中で苦しくなり過ぎて、自ら”逃げだす”こともありましたし、
相手が楽しんでいる顔を見ていたかさえ、なんだか疑わしい。

相手を見るというのは状況や態度だけでなくて、今どう感じていたり、何を思っているかを知ろうとすること
もし、それを相手が発してくれたなら 先ずは、そのことを素直に受け止めてみることだったりします。
私の感情や思いは少しあとにしてみることも時には必要なのかもしれませんしね。

 

可能な限り与え続けられる人でありたい。と願うまだまだ修行中の私です。