あの人はこう思ってる。
みんなこう思てる。
きっと嫌いなんだ。
たぶん分かってもらえない。

そんな推察をよくするけれど、
ちゃんと聞いてみると違っていたりする。

「えっ、そうだったの!」って

誰かの気持ちの想像は、
合っていることもあるけれど、違っていることも沢山ある。

言葉にして聞くことができないのは、
現実として受け止めると、もっともっと傷ついてしまいそうで怖いからかもね。

だけど、みんな傷つきながら強くなれたり、優しくなれたり、
人との感覚の違いや、思いの違いに触れるからこそ、
前に進むことができたりする。

相手の心の推察は、あなたの世界に佇む誰かで、
目の前にいる人は、別の心の動きを持っている人なのかもしれないよ。