心にコップがあるならば、どんな水が入っているのでしょうか。

もしも、コップに溜まった水が濁っていて今にもあふれ出しそうならば、
少しずつでもこぼすか、澄んだ水を注ぎ入れて水を入れ替えたいものです。

そして、その場所も必要になるのでしょう。

そこは無条件の安全地の誰かがいてくれること。
多くの人が望むことかもしれません。

水を入れ替える決断をした時は、きっと誰かがいてくれる。
濁った水をこぼす時には気が付かなくても、こぼして綺麗な水を注ぎ込んだ後に

気が付くのかもしれません。