体のゆがみを矯正するように

時として、心の中も矯正をした方が気持ちがいい。

人によっては歪みのパターンも変わってきます。

私の場合は

「べき思考」~しなくてばならない。~すべきだ。が自分を追い詰めていたんです。

 

 

”認知のゆがみ”をしっかりと持っていたんです!

自分だけに限らず、家族や、身近な人へも当てはめようとしたって、、、当然思い通りにはいきません。

ガッツ~ンと衝撃的なことが起こって初めて気が付いたりします。

そこで、矯正するもさらに歪んでしまって

「~しなくてはならない。 → ~ してみたい。 」 「~すべきだ。 →  ~したい。」にとどめればよかったのですが、

なんと!「しなくていい。」にしてしまう。 この辺りはかなり要注意です。

気が付くまでには少々時間も使いました。

ただいま、たぶん程々中です。

 

ー認知のゆがみパターンー

・白黒的思考 ・心の読みすぎ ・べき思考 ・部分的焦点づけ ・事故で実現してしまう予言

・事故関連付け ・結論飛躍 ・拡大解釈と過小評価 ・感情的決めつけ

詳細については今回は省かせていだだきますね。

 

もしも、あれ?ひょっとしてと思ったら、”程よい矯正”をしていきたいものですね。

 

みな様の心が伸びやかでありますように、、、、。