様々な関係性の中で、怒りのような攻め立てる言葉の中には
発した側が「傷ついている」からのように思う。

心の痛みを分かって欲しいがゆえに、
なんとか伝えようとするのだろう。

感情的な言葉を受けた側も傷ついているし腹も立つこともある。

なんとか受け取りたいものだ、両者の傷つきを、、、。
互いに投げるばかりではキャチボールにはならない。

誰かの心を知るためには、
傷つけたことを受け取り、言葉と行動が必要だったりする。
投げかけた側も、投げかけられた側にも言えるかと思う。

分かってもらう前に、分かってあげられるだろうか。
思いやりって、こんなことからも言えるんじゃないかな。