雨に濡れないように

そっと傘をさしてくれる人がいたなら、、、。

一人で冷たい雨に打たれることはない。

空から降り注ぐ雨を眺めて

自分で傘を広げて歩き出す、、、。

一人で踏み出す勇気がそこにある。