「見える化」は様々なことに使えたります。
考えたこと、行動、記憶しておきたいこと、伝えたいこと
頭の中で整理することもあるけれど、たくさんの情報やデータが集まりすぎると
収集がつかなくなってしまう。

今年の行動計画の一つに様々な記録をデータ化にしてみる。
というのがあります。
そこから、振り返ることができたり、新たな発想や展開ができるように思ってまして、
早い帰宅時こそ、そのチャンスとばかりにせっせとPC に向かっているわけです。

イヤ~、かすかな記憶をたどりながら、久々に使う関数式、
ほほ~、まだやれるじゃない!なんて小さな感動を味わいながら
楽しくなってきたしだいです。

自分の足跡をたどる意味も含めて「見える化」って役に立ってくれたりします。