誰も信用できないと、ついつい一人で抱え込んでしまうかもしれない。

なんだか傷ついてしまいそうっだったり、
否定されてしまうように思えたりして、、、
言いづらかったり、相談しづらいこともある。

その中には、自身が抱えてる自分に対する否定感情がラップしていることもある。
人から見えた部分って、全てではないけど、角度を変えれば一部は当てはまってる。

そのことさえも「ああ、この人からはそう見えているんだな」と受け止めれると
冷静になることができる瞬間だったりして、

「誰もわかってない、わかっちゃくれない」ではなくって
本当は自分自身が受け止めれなかっただけだったなあ、と思い返したりします。

人が信用できないのではなくって、自分が信用できてないのかもしれない。
知らぬ間にスポンジのような柔らかな心持になっていたらいいよね。