有り余るお金があれば自由になれるかも、
と思っていたこともあるけれど、

本当は、生きる上での責任を果たしていく中で
自由を見いだせるのではとさえ、今は思う。

最低限でも支払うことへの義務と責任はあり、
それを得るためには働くであろうし、
仕事をしていれば業務への責任がある。
家庭があれば、家族として過ごす上での責任も出でくる。
また、社会や家族のつながりの中でも自身の責任はある。

その中で、一つ一つ責任を果たしていきながら
小さな自由に気が付く、
そして、その自由と思うことへの行動にも責任が伴う。

何も大きな形や行動を手に入れていることだけが
自由なのではない。と思うのです。

華やかさに目を奪われ過ぎると、
かけがえのない自由にさえ気が付かなくなる。

小さな自由に感謝し、小さな自由を温めていたら
おのずと大きな自由が手に入ったりするかもね。

それと、短期戦でなく長期戦で自由に向けて船出すればいい。

せっかちで、生き急いでいたような私が感じること、、、。
さて、2018年に向けて準備をしましょうか。