自分が思っている自分 と 人の目に映る自分との
差を感じたことがある方も少なくないと思いますが、

さて、私が知っている自分って?
相手が知っている自分って?
ちょっと気になったりします。

自分が知っていて、他人が知らないこと。どんなとこ?
他人が知っていて、自分が知らないこと。なに、なに?
自分も他人も知らないこと。興味あるー。

そんな風に考えられたら、
誰かの意見も素直に聞けたり、自分の意見も素直に伝えられるかも。

他者評価として受け取ると重い感じがするから
いいことも、そうでないことも、
さらりと、「そっか、そう映ってるんだね」と受け取ってみる。
相手の感じたことだもの。

怖がらず、「私は、こう思うの」と伝えてみる。
私自身が感じたことだもの。

自分も知っていて、他人も知っている自分がたくさんあると
モヤモヤが少なくなるかもね。

ここで、私を知る方々もこれから出会う方々も
ぜひご訪問くださいませ↓私の知らない自分の姿もあったりして、、、。

スペシャリストの方々からの”ありがたい”お言葉をいただき、
身を引き締める意味も込めまして公開させていただいてます。
加藤真実のこと

皆様、温かなお言葉ありがとうございました。