出来ません、聞いてません、分かりません、面倒です。
言いやすくなった世の中だなあ。と年齢を感じさせる感覚。
だけど、とても大切な事だと思っています。

見て学び、聞いて学び、否定的な言葉は言いにくかった時代があったようにさえ感じていて、
やってみます、もう一度お願いします、分かりました、頑張ります。
学びをいただくものとして、YESな反応が当たり前のように答えていたのかもしれないですね。

どちらも必要な時がある。
まだまだ理不尽だと感じてしまうこともあるけれど、
出来る限り人を傷つけるものでないことを願い続けていたいです。