管理、教育担当の彼女はちょっと物言いがキツメ。
新人さんは、まじめで素直なちょっとスローペースさん。

あるとき新人さんは無断欠勤してしまったそうです。
翌日、連絡が取れた時に
「仕事ができないから、いらない子なんだと考えていた」
そして、本人に向かって
「指導が厳しすぎる」と言ったそうです。

それを聞いた上司の彼女の選択は
「以前から、自分が厳しいことは知っていたし、それが原因でやめる人もいたこともわかってる」
「だから、教育、指導から外れます」と宣告したそうです。

どちらも、学ぶ機会でもありそうなんだけど、
と思ってしまった。

無断欠勤はよくないが、本人にズバッと「あなたは厳しすぎる」
と言えちゃう新人さん勇気ある。

指導も聞けば、きっちり教えていて抜かりはないくらい、
だけど、言い方は確かにキツメで手厳しい感じを受ける。

この場合、上司の彼女が教育担当から外れることで収まったようですが、
こんな状況はいろんな場面で多々あるように思います。

どちら側にもなりえるし、ハッと思うこともあるかもしれない。

「人のふり見て我が振り直せ」で、どんな場面でも聴いたり遭遇したなら、
いったん、我が身を振り返るのもいい機会だったり、
いつ何時も他人ごとではない気がする。