話すことって、やっぱりいいものだと思う。

いろいろ考えたり、感じたり、見つめ直すことは自分の中でもできるけど
ちょっと違った角度から見解することも必要だったりする。

客観的な意見をくれる人であればあるほど”ハッ”っと気づいたりする。
味方でも敵でも無い立ち位置の人の言葉は、違う捉え方と受け止め方さえ教えてくれる。

こういった存在は見事なほどに盲点を実感させてくれるものなんですね。
身近にそう感じさせてくれる人が私には二人いる。
有り難いことです。