レールを敷かれたかのように進む道もあれば
自分で切り開いていく道もある。

カードに例えるなら、配られたカードか、引いたカードか、

どちらにしても、手にしたものをいかに使っていくかは
自分次第だったりする。